松原正樹


「NEW YORK」が1978年にLPレコードで発売され初めて聴いたときはその内容に驚きました。8人のスゴ腕ギタリストが各々New Yorkをイメージした曲を弾き一枚のアルバムに仕上げていたからです。今から35年前に秋葉原石丸電気のレコード専門館で購入した記憶があります。
もちろんレコードは処分していないのでどこかにあるはずですが見当たりません。「NEW YORK」は過去2度CD化されているのですがいずれも買いそびれていました。
そんな私の「探し物」が今年復刻発売されたのでAmazonで購入。
2曲目のボズ・スキャッグスのカバー「ハード・タイムス/松原正樹」は当時よく聴いていたのを覚えています。
ニューヨークには10年後の1988年に行きましたが私の感じたNew Yorkはこのアルバムとは違うものでした。