1961

f:id:yeti3776:20210902224526j:plain

日立製作所を撮影中にひと休みするユージン・スミス(1961年 43歳)。 ライカM3を2台とモータドライブ付きニコンFを2台抱えています。 (京都国立近代美術館所蔵作品目録 アイリーン・スミス・コレクション「W.ユージン・スミスの写真」目録初版本より複写)

チャーリー・ワッツユージン・スミスも自分が好きなことを生業としました。相応の苦労はあったと思いますが素敵な生き方だなと思いました。 ユージン・スミスは59歳で亡くなりました。私自身が彼の年齢を超えてしまったことに驚いています。

 

Camera: Leica Q2

SAYOUNARA

f:id:yeti3776:20210826214517j:plain

チャーリー・ワッツ氏逝去 80歳

8月24日(現地時間)の早朝、ロンドンの病院で家族に見守れながら亡くなった。 真ん中の写真は私が観た2006年4月2日さいたまスーパーアリーナの時のステージです。セットリストボードの向こうで満面の笑みを浮かべとても楽しそうですね。

 

Camera: Leica Q2

 

Patagonia

f:id:yeti3776:20210809235434j:plain

毎年8月のお盆時季になるとパタゴニアから秋冬カタログが送られてきました。私はMTBで山を走っていたのでカタログを眺めながら秋になったら何を着てどこへ行こうかなどと好きな音楽を聴きながら夢想していました。 カタログ写真を全てポジフィルムで撮っていた16年も前の話し。紙媒体が好きだけど今は環境問題とコストの面でカタログは送られてこなくなりました。iPodが懐かしいですね(笑)

 

Camera: CONTAX Tvs Digital

Olympic

f:id:yeti3776:20210802205405j:plain

オリンピックスタジアム

 

f:id:yeti3776:20210802205425j:plain

楽しんだ者勝ち

 

f:id:yeti3776:20210802205358j:plain

新潟県警から応援

 

今回のオリンピックは前回のオリンピックを撮影したであろう当時の機材で競技撮影する予定でした。 叶わぬ夢となりましたのでせめて会場とその周辺だけでも。

ボディは昭和39年製、レンズは昭和43年製でオリンピック後です(笑)

 

Camera: Nikon F (1964)

Lens: NIKKOR-UD Auto 20mm f3.5 (1968)

Film: Kodak GOLD 200

Support: Hand-held

Flash: No

Scanner: at shop
 

お疲れ様

f:id:yeti3776:20210709163511j:plain

我が街の行政庁舎は1969年(昭和44年)の建設以来52年の長きにわたり市民生活を支えてくれましたが老朽化のため新庁舎を隣の敷地に建てました。旧庁舎は解体工事が始まりました。

 

Camera: Leica M8

Lens: NOCTILUX 50mm f1.2 ASPH.

Support: Hand-held

Flash: No